名刺に使用される「マット紙」とは

投稿者: admin
5月 22 2020 年

名刺に使用される「マット紙」はどんな特徴があるかご存知ですか?マット紙はつや消しコーティングがされた用紙で、光沢が抑えられていることにより「落ち着いた印象や上品さを与える」「文字が読みやすい」などの利点で人気がある一方、コーティングによって「筆記性が低くなる」といったこともありますのでご自分の名刺のスタイルに合うかどうか確認してみましょう。

名刺に使用される「マット紙」とは、主に紙の表面をつや消し塗料でコーティングした紙を指します。マット紙の特徴としては、光沢が出ないため「落ち着いた印象になる」ことや、質感がさらさらとしていて肌触りが良いため「上品さを感じさせる」ことなどが挙げられます。また光の反射が抑えられているため目に優しく「文字を読みやすい」ことも特徴の一つで、文字情報の多い名刺を作りたい場合はマット紙を選択するのが適しているとされます。ただし印刷後のインクが渇きにくかったり、後からペンなどで書き込んでもインクが落ちたり転移してしまったりと「筆記性は高くない」という欠点もあります。そのため写真を取り入れた名刺を作りたい場合にはあまりオススメされない用紙となります。逆に文字を主体とした名刺・チラシを印刷するものとしては最適で、そうした点からビジネス名刺の用紙としては安定して高い人気があります。

名刺作成なら【名刺21】

このエントリーのトラックバックURL